結局のところ、ハンドメイドで稼げるのか?

答えを先に言えば稼ぐことは可能です。但し、以前も言ったように『ものを作って販売』して一定収入を得ることはものすごいエネルギーを要します。一時的に稼げたとしてもそれそ継続するのは更に大変です。ですから、あくまでも自分の『ハンドメイドスキル』を中心にして稼げる仕組みを構築することが大切なのです。

僕はこのハンドメイドする人達が『作品を売る』ということ自体が、この先もっと一般的なライフタイルになっていくと思っています。でも、誤解しないで下さい。僕が言っている稼ぐというのは『お小遣い程度』も含まれています。月に3~5万円ぐらいでも稼げたら十分!と思う人もかなりいるはずです。勿論、自分のハンドメイドで大金持ちになりたい!と思う人もいるでしょう。何を目指すのも自由です。

でもあまり欲張らずに、そのプロセスを楽しむぐらいの気持ちで取り組めるぐらいでないとこれを仕事にするのは向いていないかもしれません。でも、向き不向きは多かれ少なかれ何にでもありますのでw。

きっとこのブログを読まれている方は、なるべく時間を切り売る仕事からシフトチェンジして、もっと自分が好きな時間を過ごしながら生活出来るライフスタイルに変えて行きたいと考えている人が多いと思います。時間と気持ちをかければそれは可能です。

自分の指先を使ってものを作って頭を使ってイメージを具現化して、改良して、それをどうやって人に届けるのかを考えて実際に届ける、喜んでもらう、そしてその対価を貰う。そそしてもっともっと作ろうと思う。この流れってすごく自然で素晴らしいことだと思いませんか?

ブログ開設の挨拶『誰かに届いて欲しいと思って作ったもはのは、必ず何処かに届けられることを望んでる人がいる。』この言葉がこのブログのテーマのひとつであることは言いました。例えば温泉を掘るとして、その下に温泉があるか無いか不安な気持ちで掘るのと、絶対にあるという確信をもって掘るのとでは恐らく後者の方が温泉にたどり着く確率は高いでしょう。

インターネットは万能ではありませんがそれを可能にしてくれます。但し待っているだけではその繋がりは現実のものになりません。諦めずに自分の作品を磨き、ネット販売のスキルを磨いていきましょう。


おいおい、また結局具体的にどうすれば良いのかは言わないのかよ!って言われそうですが、それは別のサイトで調べて自分で勉強して下さい(笑)


FullSizeRender.jpg


ちなみにこちらは、僕のオリジナルのきのこのキャラクターをドット絵アプリで描いたものをクロスステッチで刺繍したものです。こちらはこちらは針と糸と図面をセットにしてキット販売もしています。これを作って売るとなると…考えただけでも肩が凝りそうです。でもクロスステッチって始めてみると楽しくって結構ハマりますよねw。