ハンドメイド販売で稼ぐということ

この手の話になると結局精神論になってしまいますが、どんな内容であっても『自分の力でお金を稼ぐ』というこをどう考えているかによって、その結果は大きく変わってきます。

これはハンドメイド販売についても全く同じです。

『別に今だってちゃんと仕事して自分で稼いでるし!』と言う人もいるかと思いますが、それは誰か別の人に用意してもらった仕事をしているだけに過ぎず、本当の意味で『自分での力で稼ぐ』となると1円でも稼げないという現実を先ず突きつけられるところから始まります。

しかし、それは当たり前のことです。常に『自分の力で稼ぐ』ということを意識している人と、他人に与えられた仕事をこなすことだけを考えている人とではものの見方や考え方が全く違います。別にどちらが優れているとかいう話ではありません。ただ『違う』というだけです。

哲学者ソクラテスが残した言葉で『無知の知』という言葉がありますが、簡単に言うと自分は『何も知らない』ということを『知っている』という意味です。自分は何も知らない、出来ないのだということを知ることは何にしても最初の一歩となり、それを知っているということは弱みではなく強みです。頭の中だけで考えて出来るつもりになっていることが一番の遠回りとなります。

bbae2cadd89527b16dd2bce0e7b672e6_s.jpg

先ずはどんなアクションでも構いません。最初の一歩を踏み出しましょう。人々は何を求めているのか、それに対して自分が出来ることは何か? 常に問いかけていれば必ず答えはあります。

少しハンドメイド販売から話が逸れましたが、このブログの基本ともなることですのでお許し下さい。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。